考え方・マインド

【情報過多】インプットが多すぎると疲弊する【アウトプットが大事】

こんにちは。フィリピン・セブ島の日系ベンチャーで、インプットとアウトプットを圧倒的スピードで回しつつ、完璧主義を脱出することができたあこう(@koji_ako)です。

今回は下記の悩みに答えていきますね。

インターネットを中心に情報収集しているのですが、インプットばかりで最近疲れています。
適度に情報を制限して整理していきたいのですが、なかなかうまくいきません。どうしたらいいですか?

そうですよね。すごくわかります。僕自身も完璧主義者で、情報をとにかく納得するまで集めないと動けなかったのですが、実際には情報過多でインプットばかりしていました。

しかし、アウトプットする機会を増やせば増やすほど、思考が整理され良質なアウトプットからのインプットが増えて、圧倒的スピードで仕事(PDCA)や物事が回るようになりました。

そして、今回伝えたいことは以下のとおり。

・インプットが多すぎるとダメ。アウトプットしてバランスを取ろう。

・情報過多によるインプットが多すぎる人が、うまくいくアウトプットの方法3つ

それでは早速ですが、一つずつ解説していきますね。

情報過多によるインプットが多すぎるとダメ。アウトプットでバランスを

近年、インターネットを使って簡単に情報収集できるようになりました。

そのせいか、情報過多になってしまってインプットが多すぎる傾向にあると思います。

これからの時代は、アウトプットの機会を増やすことが重要になってくるでしょう。

インターネットで簡単に情報収集ができる

最近では、インターネットを中心に簡単に情報収集できる時代になりました。

こちらから調べなくても、通知がきてすぐに反応もできます。

例えば、

・TwitterなどSNSで流れてくる新しい情報

・ネットフリックスやYoutubeなどの動画

・LINEやGmailからの通知

・Yahooニュースやネット記事

・オンラインで管理しているスケジュールやタスク

・Kindleなどの電子書籍

・携帯やパソコンで簡単に使用できてしまうアプリやゲーム

などなど、、、

インターネットを使って簡単に情報に触れることができますよね。すごく便利な時代だと思います。

しかし、うまく使わないと注意力散漫になるし、情報に振り回されすぎると効率がなかなか上がりません。

情報過多の時代を乗り切るにはインプットとアウトプットのバランス

そんな簡単に情報がキャッチできる時代に必要になってくるのが、インプットとアウトプットのバランスだと思います。

現在では、簡単にネットを使って情報収集ができてインプットばかりになり、逆にアウトプットをする機会が少なくなってしまって、頭のなかを整理をする必要がなくなってしまうことが多いです。

適度にアウトプットする機会を与えていかないと、脳内で処理できることがオーバーしてしまって、気づかぬうちに頭の中の整理がつかない状態になることも考えられます。

情報過多によるインプットが多すぎる人が、うまくいくアウトプットの方法3つ

情報弱者でもダメだが、垂れ流しの情報に振り回されてもダメ。思考停止はもっとダメ。
そのためにはアウトプットをすることが大事になってきます。

僕自身がよくやっているアウトプットは、

・セミナーや人前で喋る

・人に教える

・SNSやブログ、Youtubeで発信

どれも人に伝えるためには、情報の精査が必要になってくるし、伝わりやすいように要点をまとめて簡潔に伝えなければなりません。

そのためには、

・情報の裏付けを取るためにいろんなソースから情報を引っ張ってきて比較する

・誰が言っているか、発信しているか。信頼性、権威性を大事にする

・専門家かそれに等しい人が言ってるかどうか。専門性を大事にする

など、事前にしっかりとした情報を手に入れ、情報の取捨選択をして要点をまとめておく必要があります。

情報過多の人がアウトプットをすることのメリット

アウトプットする機会を増やすと、インプットしたものが定着しやすくなります。

その理由として

・アウトプットするためには思考の整理が必要

・整理された情報をアウトプットすることによってインプットが定着

そして、自分の解釈でインプットしていたものが、アウトプットをすることで他人からの意見や視点が入ります。

さらに情報が精査されて、良質なインプットに繋がっていくと考えられますね。

 

 

まとめ:情報過多の時代にインプットが多すぎると勝てない!アウトプットする機会を作れ!

今回の記事をまとめますと、

・インプットばかりではダメ。定期的にアウトプットしてバランスを取ろう。

・アウトプットするためには、事前に情報の整理が必要。

・情報の整理をすれば、良質なアウトプットができる。

・アウトプットすれば思考が整理され、良質なインプットが期待できる。

・良質なアウトプット、インプットの好循環が生まれ、圧倒的スピードで物事が回る。

こんなところですね。

人とそこまでコミュニケーションを取らなくても、オンラインでできる仕事などが増えている今、情報過多におちいりやすい時代だと思います。

そんなインターネット主流の時代においても、やはり人とコミュニケーションを定期的に取ることによって良質なアウトプットを増やし、うまくインプットとアウトプットのバランスを取っていきたいものですね。

今回は以上です。