ニート・フリーター

ニートの悩みなんて難しく考えすぎてるだけ。いいかげんな人間になれ

ニート
ニート
僕はニートで悩んでいるんだけど、自分の悩みがよくわからないんです。なんかやる気起きないし、社会復帰するのは難しいんじゃないかって考えちゃいます。これからどうしたらいいですか?

こんな疑問に答えていきます。

こんにちは。将来が見えなくて悩みすぎて、ニート経験が2年以上になってしまったあこう(@koji_ako)です。

やっぱり、ニートになってしまうと悩んだりしちゃいますよね。

いろんな悩みがあるとは思いますが、なんかやる気起きないし、とりあえずゴロゴロしてるなんて方もいるんじゃないでしょか。

頭では考えるんだけど、行動は伴わない。どうしよう、、、

でも、大丈夫です。考えすぎるからダメなんです。

まずはこの記事を読んで、ニートという事実を楽に考えられるようになりましょう。

最後まで読んでもらえれば、少しはニートの先輩である僕の思いが伝わると思います。

それでは、本文で詳しく書いていきますね〜。

ニートは主にどんな悩みがある?

それでは、ニートの人は主にどんな悩みがあるのでしょう。

僕自身の経験も踏まえて紹介します。

僕は、主に以下のような悩みがありました。

・やる気が出ない

・自信がない

・コミュニケーション取りたくない

・なんかしんどい。精神面、健康面の不調

なんかね、理由はよくわからないんですよ。

とにかく何事もやる気出ないし、生活は昼夜逆転してどんどん不規則になっていくし。

昼間に寝たり引きこもってるから、社会からの疎外感も襲ってくる。

もう、どうやって1日を過ごしていたかほとんど覚えていません。

引きこもりニートの原因は『マジメすぎるが故の考えすぎ』

今になってなんですけど、当時の引きこもりニートになってた原因はわかるような気がするんですよね。

それは、『マジメすぎるが故の考えすぎ』が原因だったと思います。

世間から見ても、親や友達から見ても、誰から見てもニートって価値ないし、恥ずかしいものだって思っていました。

ニートってことは誰にも連絡を取らないようにして隠していましたし、もちろん同窓会も行かなかったです。

いや、正確には恥ずかしくて行けませんでした。

多分ね、こうじゃなきゃいけないっていう固定概念、常識みたいなものがあったんでしょうね。

他人にどう見られるかばかり考えていました。

今考えるとクソマジメでしたね。誰も僕がニートであろうが、そんなことどうでもいいのに。

ニートでも悩まなくてもいい

でもね、もしあなたがニートであっても、悩まなくていいんですよ。

僕自身が散々悩んできて言うのもなんですが、今になって思うんです。

別になんとでもなるなぁ。って。

思うのは、ニートってマジメすぎる人が多いんですよね。

マジメに深く考えすぎると、どんどん行動できなくなってきますし、いいことなんてありません。

あこう
あこう
僕も昔からクソマジメでしたし、なんでもどう見られるか、こうしなきゃいけない、みたいに物事をとにかく難しく考える癖がありました。

でも、ぶっちゃけ日本だったらなんとでもなります。死にはしません。

ニートはどうしたら悩まずに楽に考えられる?

ニートが考えすぎずに、楽に考えられる方法があります。

それは以下の3つ。

・人生100年時代なので、少しぐらい休んでもいい

・自分の才能が発揮できるものとたまたま出会えてないだけ

・マジメに考えすぎず、”いいかげん”な人間になれ

この3つを順番に説明します。

しっかりと読んでマジメ人間を卒業しましょう。

人生100年時代なので、少しぐらい休んでもいい

最近、よく『人生100年時代』って聞きます。

医療が発達してどんどん寿命が伸びていて、今の若い人たちが老人になる頃には、100歳まで生きるのが当たり前のような時代になるとも言われています。

そんな時代が来ると、1年あたりの価値、重みっていうのも変わってくると思うんですよね。

だったら、別に2、3年単位でニートしていても僕はいいと思うんです。

無理にブラック企業とか、やりたくない仕事で消耗するぐらいなら。

だったら難しく考えすぎずに、疲れたら2、3年ニートぐらいしていいと僕は考えています。

あこう
あこう
僕もニート時代の経験が今に生きています。やっぱりニート生活も何事も経験してみないとわからないですからね!

自分の才能が発揮できるものとたまたま出会えてないだけ

やりたいことがないとか、将来への不安が、、、と言って難しく考えすぎていないですか?

僕は、たまたま自分の才能が発揮できることに出会えてないだけだと思うんですよね。

ちなみに、現在の日本では、自分のことで好きに生きていく方が増えているのをご存知ですか?

それは、インターネットの普及により、より自分の好きで得意なことをインターネットを使って表現することが容易になり、そこにファンや企業がお金を出すといった仕組みになっているんです。

例えば、ゲーム実況Youtuberとかは、好きで極めたゲームをYoutubeで発信することで広告収入や企業からお金をもらっています。

このように、自分の好きなこと、得意なことと、インターネットを掛け合わせることが仕事になる時代です。

そして、自分の好きなこと、得意なことなので、誰よりも熱中できて努力もできます。

もうここまでくれば才能ですよね。

Youtuberのヒカル氏も言ってたけど『才能×努力×時流』が最強です。

時流は現代の流行り、最先端技術と考えると、時流=テクノロジー領域の技術、サービスなどになります。

あとは自分の好きなこと、熱量を注げるものをテクノロジー領域と掛け合わせれば仕事になるかもしれませんよ。

マジメに考えすぎず、”いいかげん”な人間になれ

あとは、マジメすぎずに”いいかげん”な人間になってください。

“いいかげん”ってちょっとイメージ悪い人もいるとは思いますが、漢字にすると実は”良い加減”なんです。

良い加減ってバランス取れてそうじゃないですか?

難しく考えるクソマジメな人より、”いいかげん”な人の方が良い加減なんですよ。

ちょっとは楽になりませんか?

最後に:ニートは悩まなくていい。気楽に考えよう

ニートは悩まなくていいですよ。

別に甘えたっていいし、人に迷惑かけたらいいんです。

そして、違う形で返せばいいんです。

迷惑かけちゃダメだ、嫌われるんじゃないか、甘えちゃダメなんて思わなくていい。

人は生まれた瞬間から誰かに迷惑をかけて助けてもらって生きている。

だから、大いに迷惑かけて、大いに助けてもらえればいいんです。

自分に余裕が出たときに、お返ししてあげればいいし、困ってる人を助けたらいいんですよ。

そうやって社会が成り立っています。

まずは第一歩。踏み出してみましょう。