MENU
LINEの友だち追加でお得な情報をGET!

ニート・無職が登録すべき単発バイト・日雇い求人サイトは1つだけ

こんにちは。

ニート歴2年で複数の単発バイト・日雇い経験があるあこさん(@kouji_akouです。

無職・ニート状態から社会に慣れるために、まずは単発バイトからやってみようと考えている人はいませんか?

今回の記事では、無職・ニートが単発でもいいからバイトをしたほうがいい3つの理由と、無職・ニートにオススメの単発バイト求人サイトを紹介します。

この記事を最後まで読むと、無職・ニートから社会復帰するための一歩が踏み出せるきっかけがゆつかめるでしょう。

それでは、早速参りましょう。

本文へどうぞ!

目次

無職・ニートが日雇いや単発バイトをした方がいい3つの理由

結論、無職・ニートはまず単発バイト・日雇い仕事をすることをおすすめします。

理由は以下のとおり。

無職・ニートに単発バイトがおすすめな理由

・単発バイトは採用や仕事の難易度が高くない

・単発バイトはいろんな職種を経験できる

・バイト当日にお金がもらえる

このあたりが無職・ニートが単発でもいいのでバイトをした方がいい理由です。

一つずつ解説します。

単発バイトは採用や仕事の難易度が高くない

単発のアルバイト・日雇い仕事などは、仕事内容や採用の難易度が高くありません。

皿洗いや検品、シール貼りなどの単純作業で、無職・ニートの人でも難しくない仕事が多くあります。

また、面接不要の仕事も多数あるため、採用の難易度もそれほど高くないのが特徴です。

いきなり長期の仕事や正社員を目指すと、難易度が上がってしまって社会復帰が難しくなることもあります。

目標を高く持つことはいいのですが、確実に一歩ずつ前に進むことも視野に入れておきましょう。

あこさん

私もニートから復帰するとき、単発バイトで徐々に社会に慣れていった経験があります。

単発バイトはいろんな職種を経験できる

単発バイトや日雇い仕事は、やりたいことがはっきりしていない無職・ニートの人が、自分にどんな仕事が合うかを試すことができます。

なので、まずは単発・日雇いのアルバイトから始め、慣れてきたら長期の仕事などにチャレンジするのもひとつです。

自分にどんな仕事が向いているか、単発バイトでいろいろ試しながら見極めてみてはいかがでしょうか。

あこさん

今までにカラオケ、引越し、皿洗い、倉庫作業など、いろんな種類の日雇い仕事をしました。

バイト当日にお金がもらえる

無職・ニートの最大の問題の一つに、お金がなくて困っている人が多いのではないでしょうか。

単発・日雇いバイトのいいところは、働いた当日にお金がもらえる求人が多いところです。

お金がなかったら精神的にも不安ですし、人によっては金銭的に余裕がなく就職活動すらできないこともあります。

短期〜長期の仕事では、お祝い金や給与前払い制度などもありますので、金銭的に厳しい無職やニートの方はうまく活用してみてはいかがでしょうか。

あこさん

私も日払いの仕事で、当面の生活費や就活費用に充てていました。

無職・ニートが登録すべき単発バイト日雇い求人サイト

こちらでは無職・ニートが登録すべき単発バイト、日雇い求人サイトをご紹介します。

それは「アルバイト求人EX」というサイト一択です。

理由は以下の通り。

アルバイト求人EXが無職やニートにおすすめの理由

・26のアルバイト求人サイトで、180万件以上のお仕事を一括検索・比較・応募できる

・アルバイトに申し込むときに複数のサイトに会員登録する必要がない

・短期〜長期で働くとお祝い金が現金で3万円〜10万円もらえる求人も多数!

単発バイト・日雇いだけでなく、1週間以内〜1ヶ月などの短期アルバイト求人も多数あります。

もちろん3ヶ月〜長期の求人も豊富にあるため、無職・ニートから社会復帰してフリーターや正社員になることも可能です。

お祝い金がもらえる仕事も多数あるため、まとまったお金を稼ぎたい人にもおすすめのサイトですよ。

\ 180万件以上の求人あり /

まとめ:無職やニートは単発バイトからきっかけをつかもう

それではこの記事をまとめます。

この記事のまとめ

・単発バイトはいろんな職種を経験でき、採用や仕事内容の難易度も高くないので無職・ニートにおすすめ

・働いた当日にお金をもらえる求人も多く、金欠の無職・ニートは単発バイトから始めよう

・180万件以上と求人数が豊富で、26のアルバイト求人サイトから探せる「アルバイト求人EX」がおすすめ

無職やニートがまず社会復帰のきっかけをつかむなら、単発バイト・日雇い求人から探してみましょう。

他にも無職・ニートから抜け出すための記事をいくつか書いているので、よかったら参考にしてみてください。

今回は以上です。

\ 無職・ニートから抜け出すなら /

目次