工場勤務

僕が33歳で工場勤務・製造業を辞めた5つの理由【人生逆転したよ】

こんにちは。工場勤務経験が8年もあって33歳で思い切って辞めたあこう(@koji_ako)です。

この記事では、僕が工場勤務、製造業を辞めた理由を5つ書いていこうと思います。

すぐに辞めたくて仕方無い人はここだけでも読んでね!

工場で働いている人ってどんなイメージがありますか?

工場で働くのが憧れっていう人とか好印象を抱いている人いますかね?多分ほとんどいないと思うのですが。

実際に働いている人はわかると思うのですが、3Kなんて呼ばれたりしています。

1.危険

2.汚い

3.キツい

この3つのアルファベット頭文字をとって3Kと呼ばれています。

僕の場合は3Kに加えて、そのほかにも2つ辞めたくなる理由がありました。

ということで、今回は5つの理由をまとめましたので、記事にしていこうと思います。

工場勤務・製造業を辞めた理由を5つ紹介します

それでは僕が工場勤務・製造業を辞めた理由を5つ紹介していきますね。

1.キツい作業が多かった

2.汚かった

3.危険と隣り合わせだった

4.低学歴で意識の低い人がほとんどだった

5.毎日同じような作業が多く楽しくなかった

この5つの理由に当てはまることは多ければ、工場勤務・製造業を辞めて違う道を探すことも考えた方がいいかもしれません。

1.工場勤務・製造業を辞めた理由はキツい作業が多かった

最初は3Kのうちの一つ「キツかった」です。

僕が実際に働いてキツいなと思った理由を下記にまとめてあります。

・三交代勤務(7:00〜15:00〜23:00〜7:00)で不規則な生活

・夏の製造現場は50℃にも迫る勢いの暑さで、冬の製造現場は外に近い温度になるぐらい寒い

・同じ作業の繰り返しで腰痛がひどい

・夏は汗まみれになるが、怪我をしないように分厚い長袖を着ないといけない

・マイナス30℃以下の製造現場で白髪の若い人を見た。ぜんぶ凍っているだけだった

こんな感じですかね。

一生続けて行くのキツいな。僕は何をやってるんだろうって思ったこともありましたが、なんだかんだで8年以上工場・製造現場で勤務していました。

慣れって怖いですね。

でも、何度もこんな思いするぐらいだったら辞めた方がいいなと思ってはいたのですが、なかなか辞めることができませんでした。

なんとか辞めて次のステップに踏み出したのは、もう33歳も終わりかけてた頃でしたね。

あこう
あこう
やはり工場での作業は体力的にも精神的にもキツかったですね。モチベーションが上がらない中で無気力の日々が続いていた覚えがあります。

2.工場勤務・製造業を辞めた理由は汚かったから

これも工場勤務・製造業ではあるあるですね。

僕は短期も合わせれば5つ以上の工場・製造現場で働いた経験があるのですが、汚いところも多かったです。

ただ、汚いといっても整理整頓がされていないかというとそうではありません。

老朽化による施設の塗装はがれ、サビとか油や食品の汚れとかです。

真夏の暑い中、油まみれの軍手で汗を拭うなんてこともよくありましたね。

深夜は特になのですが、ネズミやゴキブリが出たりすることも日常茶飯事でした。

工場にもよりますが、汚いというのは基本的に受け入れないといけないのかもしれません。

あこう
あこう
汚れる作業が多かったので、仕事終わりにどこにも行けなかったり、私服も捨ててもいいような服を来て出退勤していました。

僕にとっては、汚れる作業は苦痛でしたね><

3.工場勤務・製造業を辞めた理由は危険と隣り合わせだったから

僕は危険と隣り合わせっていうのが一番辞めたい理由の一つでした。

自身に降りかかった災難だけで言うと

・ギックリ腰

・頭打って流血3回。病院行き1回

・機械に手首挟んで2週間まともに仕事できなくなる

・熱湯がかかって首から胸にかけてやけどする

・手を洗うことが多い仕事で、冬場は手のひらが荒れて割れる

今思い出せるものでこれぐらいです。

僕以外でも、フォークリフトに足を踏まれた人や塩酸がかかって病院にいった人もいました。

過去には仕事中の事故で亡くなった人もいたりと、危険とは常に隣り合わせでした。

怪我をするたびに、工場でしか働くことができない自分の不甲斐なさに、何度も嫌な思いをしましたね。

あこう
あこう
僕のように学歴や職歴が乏しく、体を動かすような仕事にしか就けない人は、どうしても危険が隣り合わせの工場などの現場職になってしまいがちです。

なんとか抜け出すためには、いろんな経験をして、スキルを身につけるしかないと思います。

4.工場勤務・製造業を辞めた理由は低学歴で意識の低い人がほとんどだったから

そして工場勤務・製造業の従業員は、僕含め低学歴の人が多く意識も低い人が集まりがちです。

主な例を挙げると

・母子家庭or家庭に事情ありな人

・お金がなく学力もなく、高卒や中卒の人

・ヘビースモーカー

・過度なオタク(ゲームやアニメ、メイド喫茶など)

・ギャンブル依存症(給料日に給料の半分負けてくるなど)

・職歴がほぼない(まともに正社員で働いたことがない人とかも多かった)

・夢や目標がない

・現状になげいてばかりで愚痴ばかりこぼし、何も行動しない人

・遅刻ばかり繰り返す人

・無断欠勤、無断退職する人

もちろん全員とは言わないですが、上記の複数に当てはまる人が多かった印象です。

それはどこの工場・製造現場も似たようなものでした。

サボって休憩室でずっとゲームしたり、喫煙室に溜まり込んで現場に戻ってこない人とかもよくいましたね。

あこう
あこう
僕自身も母子家庭でお金はなく低学歴でしたが、「同じようにはなりたくない」という強い思いが、工場勤務・製造業を辞めた大きな理由のひとつですね。

5.工場勤務・製造業を辞めた理由は毎日同じような作業が多く楽しくなかった

これもよく聞くと思います。

工場によってだとは思いますが、過去に大手電機メーカーの工場で働いていたときは、ロボットのような働き方をしていました。

冷蔵庫の扉についているゴムのパッキンわかりますか?閉めたときに本体とくっつきますよね。

そのパッキンの中に入れる棒状の磁石をひたすら型にはめて機械で曲げて、冷蔵庫にはめ込む人に渡す作業をしていました。

そのロボットの劣化版作業が1日中続くんです。気が狂いそうになりましたね。笑

そのほか、いろんな工場にも働きに行きましたが、流れ作業、繰り返しの作業はどこの工場に行ってもありました。

こういった単純作業は、これからAI(人工知能)に取って代わられる時代ですので、将来何の役にも立たないスキルになるかと思います。

あこう
あこう

工場・製造業の単純作業や軽作業って、いかにマニュアルに沿って確認を怠らずに作業するかが大事なんです。

ただ残念ながら、仕事から得られるスキルはほぼないと言ってもいいでしょう。

工場勤務・製造業を辞めたい人がまず取るべき行動

僕が工場・製造業を辞めた理由の5つに当てはまる方もそうでない方も、もし少しでも辞めたいなって思うなら以下のように行動してみましょう。

具体的には以下の3つです。

・とりあえず工場を辞める

・英語やITなどのこれからの時代に必要なスキルを身に付ける

・出来るだけ遠くに行こう

理由としては、モチベーションが上がらない中で工場でずっと働いていても、これからの時代では社会価値のない人間になっていくからです。

ただ工場の単純作業をやる気なく働くだけなら、これからの時代AIに取って変わられます。

いや、それだったらAIの方がダントツで優秀でしょう。

思い立ったら吉日。すぐに行動ですよ!

とりあえず工場を辞める

辞めたいのにだらだら続けているのなら、すぐにでも辞めた方がいいです。

とは言え、そう簡単に辞めれない人がたくさんいるのも知っています。

例えば、人が足りてなくて上司に言いにくい、辞める手続きとか辞めた後どうしよう、など、なかなか辞めることができずに、ズルズルと長引いている人もいるのではないでしょうか。

ただ、それでは時間の無駄です。時間はお金に変えることができません。

あこう
あこう
僕もずっとモチベーションが上がらず、何度も辞めたいと思ったのですが、なかなか慣れた環境から抜け出せず、なんと5年以上も無気力で工場勤務を続けた経験があります。

ちなみに、今の時代はちょっと変わった退職代行EXITというのがあるそうなんです。

なかなか辞めるって言いにくくて勇気が出ない、色々手続きとかわずらわしいし考えたくない、など、面倒なことを代わりにやってくれるサービス。

ちょっと胡散臭いですが、使った人の体験談を聞くとちゃんと辞めれるそうですよ。

時間は有限ですから、ズルズルと何か月も引きずるぐらいなら、退職代行サービスを使ってサクッと辞めることもありなのかもしれませんね。

あこう
あこう
僕もびっくりするぐらい辞めれずにズルズルと引きずった経験があるので、当時に退職代行サービスがあったらすぐに使ってたと思います。

英語やITなどのこれからの時代に必要なスキルを身に付ける

工場フリーター生活にどっぷり浸かっていた34歳の僕は、人生を変えるためにフィリピンのセブ島に英語とITを学びに行きました。

そして、現在ではパソコンひとつで独立することができ、主にWebメディア、マーケティングなどで、国内外問わずにフリーランスとして活動しています。

それも、これからの時代に必須と言われる英語とITを学んだからこそだと確信しています。

そして工場での勤務といえば、同じメンバーで同じような作業の繰り返しが多いはず。

海外に留学に行くと、工場には絶対にいないようなキラキラした優秀な若者や、経営者、ブロガー、Youtuberなどとも会えたりもします。

僕は独立という道を選びましたが、英語とITを身につけておけば、工場でずっと働くよりも明るい未来が待っているはず。

IT技術の急激な発展による、IT業界の人材不足という事情も重なり、英語とITを身につけておくことで、国内外問わず勝負できる人材になれるかもしれません。

工場フリーターの僕が人生を変えるきっかけを作ったセブ島留学について聞きたいことがある方は、いつでもあこうのTwitterにお気軽に連絡もらえればと思います。

出来るだけ遠くに行こう

最後は「出来るだけ遠くに行こう」です。

ちょっと何言ってるかわからないかもしれませんね。

例えを出しますと、以下の3つです。

・海外ひとり旅

・海外留学

・リゾートバイト

この3つに共通することは、遠くに移動することで住む場所や環境を大きく変えるということです。

人間が人生を大きく変えたいときには「住む場所を変える」「時間配分を変える」「付き合う人を変える」の3つの要素が必要とされています。

留学やリゾートバイトに行くことによって、同時に3つの要素すべてを満たすことができ、人生を大きく変えるための環境が整うというわけです。

工場という狭いコミュニティで凝り固まった常識や考え方を壊すためには、思い切って遠くに行ってみることをおすすめします。

ちなみに、ハッシャダイという非大卒向けにキャリアサポートをしている会社があるのですが、その中で面白いのがハッシャダイリゾートというサービスです。

ハッシャダイリゾートは、長期でリゾートバイトに行くことができる、フリーターや無職の人におすすめのプラン。

そして、現地までの交通費や滞在費も無料になるため、とりあえず工場やめちゃったという方にはありがたいですよね。

あなたも工場とはまったくの別世界で、ガラッと環境変えちゃいましょう!

【無料】ハッシャダイリゾートに相談してみる

工場勤務・製造業を辞めたいときに「とりあえず転職」はナンセンス

はっきり言うと、「とりあえず転職」っていうのはナンセンスです。

「とりあえず」っていうのが良くないですね。

工場でずっと働いていると、割と思考停止していると思います。

そして、焦って思考停止のままとりあえず転職したとしても、同じような失敗を繰り返すだけかと。

確かに仕事を辞めるとなると、次にどうするべきか焦っちゃいますよね。

でも、「職場とか同僚が原因」などと環境のせいにしているだけだと、どこの職場に行ってもさほど変わらない環境です。

環境に一度辞めてみてじっくり考えてみるか、やはり留学やリゾートバイトなどに行って、いつもと違う環境に置いて視野を広げないと、大きく変わることはありません。

あこう
あこう
僕自身も工場を転々としてきましたが、根本的に何も変わってなく、どこの工場に行っても似たり寄ったりの環境だったかなと思います。

目に見える変化が現れたのは、やはり留学やひとり旅などに出て、工場とはまったく違う環境で過ごし始めてからでしたね。

あこうにTwitterでこれからの人生について相談してみる

工場勤務・製造業を辞めた方がいい人の特徴

実際に8年以上働いて、工場勤務・製造業に向いていないなって思う人はたくさんいました。

その人たちの特徴をまとめてみました。

・日本の未来に不安を感じる人

・体力に自信のない人

・仕事にやりがいを求める人

・華のある職場で働きたい人

・暑い・寒いが苦手な人

・単純作業が苦手な人

・コミュニケーションを取ってお客さんを喜ばせたい人

・頭を使って働きたい人

・目立ったり飛び抜けて明るい人

・不規則な生活が嫌な人

・危険な目に会いたくない人

工場・製造現場によるものもありますし似たようなものも見受けられますが、このような項目に当てはまる人はあまり向いてないなと思います。

でも、なかなか辞めれずに何となく続けている人もいました。

そりゃ慣れた環境から抜け出すのって難しいですし、そもそも工場・製造現場で長く働いていると「もうここから抜け出せないんじゃないか」「転職はできないんじゃないか」って思いがちです。

しかし、向いていない工場の仕事をずっと続けていても何も楽しくないですし、未来も不安なままだと思います。

もしこの記事を読んで「自分のことだ!」って思った方は、少しでも何か動いてみましょう。

あこう
あこう
僕自身も思い切って工場を辞めたからこそ見えた世界があります。

おかげさまで、今では好きなこと仕事にしながら、毎日楽しく過ごすことができています。

それも工場での長い暗黒時代があったからこそ、もう後戻りはできないという気持ちで覚悟を決めれたことが要因のひとつですね。

最後に:工場勤務・製造業を辞めたいならすぐ行動した方がいい

人生は有限です。早くしないとズルズル時間だけが過ぎていきます。

この記事を読んでもし何かを感じたのなら、すぐに行動してください。

留学するためにお金を貯める、とりあえず辞めてみる、など。今できることがあると思うので、勇気を出してまずは行動してみましょう。

大丈夫です。ちょっと動いたぐらいで死ぬことはありませんから。

とは言ってもほとんどの人が動かないのも知っています。だって僕も8年間辞めれずにやってきましたからね。

お前と一緒にするなよ!って?

まあ、動くか動かないかはあなた次第なので、そこはお任せします。

もし人生を変えたい人、なんとなく僕に興味をお持ちの方がいたら、いつでも相談に乗るので気軽にあこうのTwitterからDMをいただければと思います^^

今回は以上です。